• 日本能率協会総合研究所の
    生活者調査レポートはこちらから
  • 生活者ホットアンケート
  • ブランド総合研究所の調査分析
    レポートはこちらから
  • 地域ブランドニュース
  • 統計データに基づく都道府県別の
    比較・ランキング情報はこちらから
  • とどラン
  • 詳しい調査資料や研究レポートの
    入手・購入はこちらから
  • 矢野経済研究所
  • 日本能率協会総合研究所 JMAR
  • 野村総合研究所
  • 公益財団法人日本生産性本部
  • 学校法人産業能率大学 総合研究所
  • 博報堂生活総合研究所
  • ニッセイ総合研究所
  • ツーリズム・マーケティング研究所
  • ブランド総合研究所
  • 一般社団法人 情報サービス産業協会
  • 掲載データをご覧いただくため
    にはAdobe Reader(無料)が
    必要な場合があります。
    ダウンロードはこちらから
  • アクロバットリーダーのダウンロードはこちら

HOME > 産業・経営 > 市場規模・シェア

市場規模・シェア

商品・サービスの市場の動きやシェア等に関する調査結果を掲載しています。

産業・経営

2013/04/05

「理美容市場に関する調査結果2013」(矢野経済研究所)

「理美容市場に関する調査結果2013」(矢野経済研究所)

【調査期間】2013年1月~3月
【調査対象】理美容チェーン、理美容商社・卸、理美容化粧品メーカー等
【調査方法】:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
【調査結果サマリー】
2012年度の理美容市場規模は、前年度比99.4%の2兆2,265億円と微減
 2012年度の理美容市場規模を、前年度比99.4%の2兆2,265億円(事業者売上高ベース)と推計した。このうち、理容市場が6,690億円(前年度比99.0%)、美容市場が1兆5,575億円(前年度比99.5%)である。
 理容市場は、男性若年層の理容離れ、顧客の高齢化による来店サイクルの長期化、低価格サロンの伸長などの理由から縮小傾向が続いている。また、美容市場も、来店サイクルの長期化や単価の下落から微減推移となった。しかし一方では、厚生労働省の調査(保健・衛生行政業務報告)によると、美容所の軒数は増加傾向にあり、サロン間の競争が激化している状況となっている。
カット専門低価格サロンが拡大、トータルビューティーサロンを目指す動きが活発に
 カット料金が2,000円未満の低価格サロンの拡大が続いている。特に、カットに特化した均一価格の低価格サロンの伸長が著しい。そうした中、拡大する低価格サロンへの需要の取り込みを図るべく、複数のサロンを経営する大手チェーン経営企業が低価格サロンの業態開発を始めている。
 一方では、低価格サロンと差別化すべく、豊富なメニューを揃えてサービスを提供しようとするサロンが増加している。これらの付加価値型サロンでは、ヘアに関するサービスに加えて、フェイシャルエステやネイル等のさまざまなサービスを提供し、トータルビューティーサロンを目指す動きが活発化している。
 
 

ページトップ