• 日本能率協会総合研究所の
    生活者調査レポートはこちらから
  • 生活者ホットアンケート
  • ブランド総合研究所の調査分析
    レポートはこちらから
  • 地域ブランドニュース
  • 統計データに基づく都道府県別の
    比較・ランキング情報はこちらから
  • とどラン
  • 詳しい調査資料や研究レポートの
    入手・購入はこちらから
  • 矢野経済研究所
  • 日本能率協会総合研究所 JMAR
  • 野村総合研究所
  • 公益財団法人日本生産性本部
  • 学校法人産業能率大学 総合研究所
  • 博報堂生活総合研究所
  • ニッセイ総合研究所
  • ツーリズム・マーケティング研究所
  • ブランド総合研究所
  • 一般社団法人 情報サービス産業協会
  • 掲載データをご覧いただくため
    にはAdobe Reader(無料)が
    必要な場合があります。
    ダウンロードはこちらから
  • アクロバットリーダーのダウンロードはこちら

HOME > 産業・経営 > 市場規模・シェア

市場規模・シェア

商品・サービスの市場の動きやシェア等に関する調査結果を掲載しています。

産業・経営

2013/03/18

「情報システム子会社の市場規模に関する調査結果2013」(矢野経済研究所)

「情報システム子会社の市場規模に関する調査結果2013」(矢野経済研究所)

~親会社のグローバル展開への支援が生き残りの鍵~
【調査期間】2012年11月~2013年2月
【調査対象】日本国内の情報システム子会社
【調査方法】当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
<情報システム子会社とは>情報システム子会社とは、企業(親会社)の情報システム部門から分社化され、親会社のシステム業務(開発・運用・保守など)を受託している情報サービス会社を指す。
情報システム子会社の市場規模は、内販分(親会社やグループ会社からの受託売上高)だけでなく、外販分(親会社やグループ会社以外からの受託売上高)も含めた売上高から算出した。
【調査結果サマリー】
◆2013年度の情報システム子会社の市場規模は前年度比2.0%増の1兆9,330億円と予測
2012年度の国内の情報システム子会社の市場規模を、1兆8,960億円(事業者売上高ベース)と見込む。2013年は消費税増税前の駆け込み需要や、 2014年にWindows XPのサポート期間が終了することなどに伴い、システムの開発・運用・保守いずれの業務受託も増加し、2013年度の市場規模は、前年度比2.0%増の1 兆9,330億円になると予測する。
クラウドサービスやオフショアで下降基調となるも、グローバル展開支援業務は増加と予測
クラウドサービスやオフショアへの業務受託が増加し、ITサービス単価が下がり、市場全体としてみれば情報システム子会社の市場規模も2014年度以降下降基調になる。
しかし、親会社はもちろん、親会社以外の企業からもグローバル展開支援の業務受託が増加することが予測され、当該業務に対応可能な情報システム子会社には、自社領域拡大のチャンスがあると考える。

【資料発刊】 
「2013 情報システム子会社の経営環境と戦略展望

ページトップ