• 日本能率協会総合研究所の
    生活者調査レポートはこちらから
  • 生活者ホットアンケート
  • ブランド総合研究所の調査分析
    レポートはこちらから
  • 地域ブランドニュース
  • 統計データに基づく都道府県別の
    比較・ランキング情報はこちらから
  • とどラン
  • 詳しい調査資料や研究レポートの
    入手・購入はこちらから
  • 矢野経済研究所
  • 日本能率協会総合研究所 JMAR
  • 野村総合研究所
  • 公益財団法人日本生産性本部
  • 学校法人産業能率大学 総合研究所
  • 博報堂生活総合研究所
  • ニッセイ総合研究所
  • ツーリズム・マーケティング研究所
  • ブランド総合研究所
  • 一般社団法人 情報サービス産業協会
  • 掲載データをご覧いただくため
    にはAdobe Reader(無料)が
    必要な場合があります。
    ダウンロードはこちらから
  • アクロバットリーダーのダウンロードはこちら

HOME > 消費・生活 > ランキング

ランキング

会社や商品・サービスに関するランキング調査結果を掲載しています。

消費・生活

2011/06/03

「くりっく365」取引企業ランキング-2010年度(2011年3月期)-(矢野経済研究所)

「くりっく365」取引企業ランキング-2010年度(2011年3月期)-(矢野経済研究所)

~従来からの参加企業に加え、新規参入組みも健闘~
【調査期間】2011年5月
【調査対象】「くりっく365」取引参加者(取扱企業)24社のうち社名又は数値の公表を前提として、協力を得られた10社
を対象としたが、一部の企業で統計数値や社名について非公開のものもある。
※社名及び数値を非公開とする企業は、集計の際、「その他」としてランキングから除外した。
【調査方法】当社専門研究員によるe-mailによるアンケート調査
【調査結果サマリー】
本調査協力企業10社で2011年3月期の「くりっく365」における年間取引高の80.8%をカバー
FX店頭取引(OTC)と同様に躍進が目覚ましい「くりっく365」(FX取引所取引)は、現在、取引参加者(取扱企業)は参加の予定を含めて24社で構成されており、相変わらず新規参入企業が増えており盛り上がりを見せている。
2010年3月末と2011年3月末の2年連続で預かり残高、口座数の第1位はインヴァスト証券、第2位はスター為替証券
2011年3月末の預かり残高における上位2社の構成比は、約4割、口座数では3割超となった。2年連続第1位のインヴァスト証券の2011年3月末の預かり残高は434億円、口座数は6.3万口座。第2位のスター為替証券は同306億円、同4.7万口座であった。本調査協力企業の前年比は、預かり残高と口座数共に2ケタ増の企業が多く、依然として成長性が高いと考えられる。
2011年3月期の年間取引高の第1位は大和証券
2011年3月期の年間取引高の第1位は、新規参入組の一角である大和証券(年間取引高2,156万枚)であった。上位グループには、同様にGMOクリック証券等も食い込み、従来から参入していた企業に加えて健闘している。好調な企業の躍進の背景の一つにはキャンペーンによる新たな投資家層の集客効果があったと思われる。

ページトップ