• 日本能率協会総合研究所の
    生活者調査レポートはこちらから
  • 生活者ホットアンケート
  • ブランド総合研究所の調査分析
    レポートはこちらから
  • 地域ブランドニュース
  • 統計データに基づく都道府県別の
    比較・ランキング情報はこちらから
  • とどラン
  • 詳しい調査資料や研究レポートの
    入手・購入はこちらから
  • 矢野経済研究所
  • 日本能率協会総合研究所 JMAR
  • 野村総合研究所
  • 公益財団法人日本生産性本部
  • 学校法人産業能率大学 総合研究所
  • 博報堂生活総合研究所
  • ニッセイ総合研究所
  • ツーリズム・マーケティング研究所
  • ブランド総合研究所
  • 一般社団法人 情報サービス産業協会
  • 掲載データをご覧いただくため
    にはAdobe Reader(無料)が
    必要な場合があります。
    ダウンロードはこちらから
  • アクロバットリーダーのダウンロードはこちら

HOME > 消費・生活 > 消費動向・購買行動

消費動向・購買行動

生活者の消費動向や購買行動等に関する調査結果を掲載しています。

消費・生活

2012/06/01

東日本大震災後の生活行動や消費の変化に関する調査(JTB総合研究所:旧ツーリズム・マーケティング研究

【調査実施期間】2012年5月7日~9日
【調査対象】2011 年の1 年間(1 月~12 月)に業務出張以外の旅行をした人1,000 サンプル
(年齢層別、男女別1 セル100。関東圏500、関西圏300、中京圏200)
【調査方法】インターネットアンケート調査

消費・生活

2012/05/24

震災1年後 消費と旅行に関する意向調査(ツーリズム・マーケティング研究所)

【調査実施期間】2012年5月7日~9日
【調査対象】2011 年の1 年間(1 月~12 月)に業務出張以外の旅行をした人1,000 サンプル
(年齢層別、男女別1 セル100。関東圏500、関西圏300、中京圏200)
【調査方法】インターネットアンケート調査

消費・生活

2012/02/21

「味の地域差に関する調査2012」(日本能率協会総合研究所)

― 地域差よりも、味の洋食化・簡便化が進行中! ―
【調査概要】
《味嗜好編》全国10エリアの20~50代の男性・女性を対象に、2011年11月25日(金)~30日(水)にFAX調査を実施。有効回収数2,143人(発送数2,800人・有効回収率76.5%)
《料理編》全国10エリアの30~50代の主婦(既婚女性)を対象に、2011年11月18日(金)~24日(木)にFAX調査を実施。有効回収数1,670人(発送数2,100人・有効回収率79.5%)

消費・生活

2012/01/16

「ホテルリネンに関する消費者調査結果 2011」(矢野経済研究所)

~日本のホテルリネン類は「清潔さ」や「肌触り」といった“品質の高さ”で海外を圧倒~
【調査期間】2011年8月~9月
【調査対象】関西地区(三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)に居住し、「過去3年間でホテル・旅館に6回以上宿泊したことがある25~35歳の女性」900名
【調査方法】インターネット形式

消費・生活

2011/11/16

「iPhone 4Sに関するユーザアンケート調査結果」(矢野経済研究所)

~相対的に満足度が高かったソフトバンクユーザ ネットワークを評価するauユーザ~
【調査期間】2011年11月
【調査対象】日本でiPhone 4Sを現在利用しているソフトバンクユーザ、auユーザ各400名(計800名)
【調査方法】インターネット形式

消費・生活

2011/09/27

「メニューからみた食卓調査2011」(日本能率協会総合研究所)

― 震災後も続く、簡単調理と肉食化、『母』に聞いて『ネット』で調べてチャレンジも ―
【調査概要】
・調査対象:首都圏・中部圏・近畿圏に居住する20~60代の主婦(既婚女性)
・調査方法:日本能率協会総合研究所「モニターリサーチ・システム」利用によるFAX調査

消費・生活

2011/09/07

「買い物場所の使い分け調査2011」(日本能率協会総合研究所)

―節約したり探したり、買い物の苦労はもうイヤ―
【調査概要】
・調査エリア: 首都圏30km圏+関東・東海・関西エリア
・調査対象: 上記エリアの15~69歳の男女(参考サンプルとして、首都圏30km圏の70代男女)

消費・生活

2011/07/22

平成22年度住宅市場動向調査(国土交通省)

【調査概要】PDF
【住宅市場動向調査報告書】PDF

消費・生活

2011/07/21

2011年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果発表(日本生産性本部)

【調査結果概要】
1.調査した業界全てで顧客満足度(業界中央値(注1)で比較)が上昇
 →継続調査対象63社中54社で満足度が向上し、そのうち27社は3点以上の大幅向上
2.業界別の顧客満足度1位は以下の通り

消費・生活

2011/07/19

東日本大震災が消費・旅行に与える影響に関する調査(第3回)(ツーリズム・マーケティング研究所)

【調査実施期間】2011年7月1日~5日
【調査対象】首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中京圏(愛知県、三重県、岐阜県)、関西圏(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)に居住する20歳以上69歳までの男女
【サンプル数】500名(首都圏250名、中京圏100名、関西圏150名)
【調査方法】インターネットリサーチ

消費・生活

2011/05/17

東日本大震災が消費・旅行に与える影響に関する調査(第2回)(ツーリズム・マーケティング研究所)

【調査実施期間】2011年5月6日~8日
【調査対象】首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中京圏(愛知県、三重県、岐阜県)、関西圏(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)に居住する20歳以上69歳までの男女
【サンプル数】500名(首都圏250名、中京圏100名、関西圏150名)
【調査方法】インターネットリサーチ

消費・生活

2011/04/21

東日本大震災が消費・旅行に与える影響に関する調査(第1回)(ツーリズム・マーケティング研究所)

【調査実施期間】2011年4月8日~12日
【調査対象】首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中京圏(愛知県、三重県、岐阜県)、関西圏(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)に居住する20歳以上69歳までの男女
【サンプル数】500名(首都圏250名、中京圏100名、関西圏150名)
【調査方法】インターネットリサーチ

消費・生活

2011/04/15

「おやつ・間食に関する実態調査2011」(日本能率協会総合研究所)

― 男性40代に目立つ“おやつ習慣”の増加、女性50代はケーキで“プチぜいたく” ―
【調査概要】
・調査対象:首都圏に在住の15~69歳の男女個人
・調査方法:日本能率協会総合研究所「モニターリサーチ・システム」利用によるFAX調査

消費・生活

2011/02/02

「ホテルリネンに関する消費者調査結果2010」(矢野経済研究所)

~海外との比較で日本は「清潔さ」「肌ざわり」「枚数・種類の多さ」で高評価~
【調査期間】2010年7月~8月
【調査対象】関東地区(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県)に居住し、「過去3年間でホテル・旅館に2回以上宿泊したことがある人」1,172名
【調査方法】インターネット形式

消費・生活

2011/01/25

2010年度JCSI(日本版顧客満足度指数)の第3回発表について(日本生産性本部)

【調査結果概要】
1.全体では、顧客満足度は業界内の差が広がる傾向。昨年比でわずかながら低下する傾向。
2.業界別では、「百貨店業界」が最も高い顧客満足度(業界中央値)を獲得
3.企業別では、以下の企業が業界最高位

消費・生活

2010/12/20

食と地域活性化に関するアンケート調査結果発表(ツーリズム・マーケティング研究所)

【資料】 「食と地域活性化に関するアンケート結果」PDF(ダウンロード)

消費・生活

2010/11/08

「通販利用者構造調査2010」(日本能率協会総合研究所)

-女性は『ネット通販』より『カタログ通販』-
【調査概要】
・調査対象:全国の20~69歳の男女
・調査方法:日本能率協会総合研究所「モニターリサーチ・システム」利用によるFAX調査

消費・生活

2010/10/20

アジア3都市居住者の訪日旅行についてアンケート調査を実施(野村総合研究所)

上海と台北居住者が今後旅行したい国で日本が首位
【調査名】「インバウンド客に関するアンケート調査」
【実施時期】2010年9月1日~7日
【調査方法】NRIのインターネットリサーチサービスTrueNavi(http://truenavi.net)を利用

消費・生活

2010/10/06

「メニューからみた食卓調査2010」(日本能率協会総合研究所)

-『寿司』『肉』『ケーキ』でプチぜいたくな食卓を-
【調査概要】
・調査対象:首都圏・中部圏・近畿圏に居住する20~60代の主婦(既婚女性)
・調査方法:日本能率協会総合研究所「モニターリサーチ・システム」利用によるFAX調査

消費・生活

2010/10/04

「楽譜の利用状況とコピーに関する消費者調査結果 2010」(矢野経済研究所)

~膨大な量の楽譜がコピーされ、楽譜のコピー利用は日常化~
【調査期間】2010年7月~8月
【調査対象】全国の15~69歳の男女58,783名のうち、「楽譜を日常的によく利用している」2,649名、なお「音楽活動の実施率・楽譜の利用率」については58,783名から国内人口の男女別年齢構成比率に割り付けて抽出した29,288名を調査対象とする。
【調査対象とした楽譜の種類】一般の一曲ごとに販売されている楽譜に加え、音楽書籍などに掲載されている楽譜を含む。

消費・生活

2010/10/01

「家庭の食卓トレンド調査2010<野菜編><魚・肉編>」(日本能率協会総合研究所)

 -敬遠気味の「魚」、身近な「野菜」、便利な「肉」-
【調査概要】
・調査対象:首都圏一都三県に在住する主婦(20~50代)・シニア主婦(60~70代既婚女性)および独身女性(20~30代)
・調査方法:日本能率協会総合研究所「モニターリサーチ・システム」への郵送調査

消費・生活

2010/09/07

「訪日中国人の消費動向に関する調査結果2010」 (矢野経済研究所)

【調査期間】2010年5月~8月
【調査対象】日本国内の中国人インバウンド事業を展開する企業、自治体、中国国内旅行会社、訪日旅行経験がある中国人消費者
【調査方法】当社専門研究員による直接面談、電話・郵送等によるヒアリング、文献調査、インターネットユーザー調査
【調査結果サマリー】

消費・生活

2010/08/26

「電子マネーに関するアンケート調査(第4回)」を実施(野村総合研究所)

~“お得感”と“利便性”を背景に、買い物利用者が過半数を突破~
【調査名】「電子マネーに関するアンケート調査(第4回)」
【実施時期】2010年6月18日~22日
【調査方法】NRIのインターネットリサーチサービスTrueNavi(http://truenavi.net)を利用

消費・生活

2010/08/16

「家庭の食卓トレンド調査2010<新しい味編>」(日本能率協会総合研究所)

-簡単に目先を変えたメニューが食卓に浸透-
【調査概要】
・調査対象:首都圏一都三県に在住する主婦(20~50代)・シニア主婦(60~70代既婚女性)および独身女性(20~30代)
・調査方法:日本能率協会総合研究所「モニターリサーチ・システム」への郵送調査

消費・生活

2010/07/30

平成21年全国消費実態調査 (総務省統計局)

【目的】国民生活の実態について,家計の収支及び貯蓄・負債,耐久消費財,住宅・宅地などの家計資産を総合的に調査し,全国及び地域別の世帯の消費・所得・資産に係る水準,構造,分布などを明らかにすることを目的とした調査である。
【対象】全国のすべての世帯のうち,総務大臣の定める方法により選定された世帯を対象とし,二人以上の世帯と単身世帯とに分けて調査を実施する。(2人以上の世帯:全国で52,404世帯を選定、単身世帯:全国で4,402世帯を選定)
【調査時期】二人以上の世帯・・・平成21年9月,10月及び11月の3か月間、単身世帯・・・10月及び11月の2か月間
【調査方法】調査員が調査世帯ごとに調査票を配布し,及び取集する。

消費・生活

2010/07/28

「アウトレットモールの利用に関するアンケート調査結果 2010」(矢野経済研究所)

~アウトレットモールは「特別な買い物場所」から、「日常的な購入チャネルの1つ」へ~
【調査期間】2010年7月
【調査対象】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に在住し、これまでに調査対象の各施設いずれかを利用したことがある20代、30代の女性3,000名
【調査方法】インターネット形式

消費・生活

2010/07/01

消費動向調査 (内閣府)

【目的】今後の暮らし向きの見通しなどについて、消費者の意識を把握するとともに、旅行、各種サービス等への支出予定、主要耐久消費財等の保有状況を把握することにより、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的とする。
【対象】外国人・学生・施設等入居世帯を除く約 4,780万世帯(一般世帯、単身世帯毎に三段抽出により選ばれた6,720世帯)
【調査時期】毎月1回(15日)
【調査方法】調査世帯の自計による訪問留置調査

消費・生活

2010/04/15

「09夏 スキンケア ニーズ 総合調査」(日本能率協会総合研究所)

-特にシニアで目立つ、美への出費も節約志向-
【調査概要】
・調査対象:首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)および近畿圏(大阪・兵庫)の15~69歳の女性
・調査方法:女性ネットワーク組織「リビング・パートナー」への郵送調査(年代・属性を人口構成に割り当て抽出)

消費・生活

2010/04/12

旅行・観光消費動向調査 (国土交通省観光庁)

【目的】わが国の旅行・観光における消費実態を明らかにし、旅行・観光施策の基礎資料のために活用することを目的とする。
【対象】全国の20歳から79歳の日本国民から無作為に抽出した1万5000人を対象とした調査(四半期毎)
【調査時期】7月、10月、1月、4月
【調査方法】報告者に郵送で調査票を送付し、報告者が自計記入し、郵送で回収する。

消費・生活

2009/12/28

「生活者1万人アンケート調査」を実施(野村総合研究所)

【調査名】「生活者1万人アンケート調査」
【実施時期】2009年7~8月(同様の調査を1997年、2000年、2003年、2006年にも実施)
【調査方法】訪問留置法
【調査対象】全国の満15~69歳の男女個人(層化二段無作為抽出法により抽出)

消費・生活

2009/12/09

「ブルーレイディスクレコーダ-に関する購買行動調査」(ブランド総合研究所)

エコポイントの波及効果で、テレビとブルーレイの同時購入が約3割増!
~ブルーレイディスクレコーダーでDVD再生不可? 購入検討者の誤認解けばさらに普及も~
【調査概要】
-調査名:ブルーレイディスクレコーダーに関する購買行動調査

消費・生活

2009/11/06

「メニューからみた食卓調査2009」(日本能率協会総合研究所)

-あの手この手で節約しながら食卓づくり-
【調査概要】
・調査エリア: 首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)、中部圏(岐阜県・静岡県0・愛知県・三重県)、近畿圏(京都府・大阪府・兵庫県)
・調査対象: 上記3地域に居住する20~60代の主婦(既婚女性)

消費・生活

2009/10/14

「買い物場所の使い分け調査2009」(日本能率協会総合研究所)

-安さはどこも同じ、ポイント・PBで店選び-
【調査概要】
・調査エリア: 首都圏30km圏+関東・東海・関西エリア
・調査対象: 15~69歳の男女

消費・生活

2009/09/01

「電子マネーに関するアンケート調査(第3回)」を実施(野村総合研究所)

~ 保有率と買い物利用率が続伸、女性の支持が成長のキーポイント ~
【調査名】「電子マネーに関するアンケート調査(第3回)」
【実施時期】2009年6月12日~16日
【調査方法】NRIのインターネットリサーチサービスTrueNavi(http://truenavi.net)を利用

消費・生活

2009/05/15

「09冬 スキンケア ニーズ 総合調査」(日本能率協会総合研究所)

-老化の悩み、効果で選んで、ネット通販-
【調査概要】
・調査対象:首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)および近畿圏(大阪・兵庫)の15~69歳の女性
・調査方法:女性ネットワーク組織「リビング・パートナー」への郵送調査(年代・属性を人口構成に割り当て抽出)

消費・生活

2009/03/03

「味の地域差に関する調査2009」(日本能率協会総合研究所)

-東北で人気の柑橘系・キムチ味、中京圏で個性際立つ“八丁みそ”味-
【《味嗜好編》調査概要】
・調査対象:下記10エリアに居住する20~50代の男性・女性
 ①北海道 ②東北 ③北関東・甲信 ④首都圏 ⑤東海 ⑥北陸・新潟 ⑦関西 ⑧中国 ⑨四国 ⑩九州

消費・生活

2009/01/01

「携帯電話の機種変更に対する利用者の意識に関する調査 2」(矢野経済研究所)

【調査方法】矢野経済研究所 WEBアンケートモニター登録者
【調査時期】2008年11月10日~11月11日
【調査対象】全国の10~70歳代の600名(うち男性:299名/女性:301名)

消費・生活

2009/01/01

「携帯電話の機種変更に対する利用者の意識に関する調査 1」(矢野経済研究所)

【調査方法】矢野経済研究所 WEBアンケートモニター登録者
【調査時期】2008年11月10日~11月11日
【調査対象】全国の10~70歳代の600名(うち男性:299名/女性:301名)

消費・生活

2007/11/01

「買い物場所の使い分け調査2007」(日本能率協会総合研究所)

-安さ・品揃え・すぐ食べるで店を使い分け-
【調査概要】
・調査対象:首都圏30km圏の15~69歳の男女個人
・調査方法:日本能率協会総合研究所「J-FAX リサーチ」モニターへの郵送調査

ページトップ